怖い話一覧 > 記事閲覧

小学生の遊び

和菓子@特選怖い話:2020/10/13 19:36 ID:OZFgl/tU

私の小学校では一時期、怖い話を皆で集まってするのが流行っていた。
怖い話をするといっても、TVや映画などの話を少し脚色し話すくらいだった。

最初は5人以上と集まっていたが、子供は飽きるのも早い。
最終的には私とMちゃんのみになってしまった。

学校内でも人通りの少ない所を選んで、廊下の一番奥。
給食のエレベータがある為、死角となっている。

私とMちゃんは「ここなら誰にも邪魔されず怖い話ができる!」と、毎日そこで集まることにした。

しかし、さすがに何度も同じことをしていると飽きてくるもので
「そろそろ飽きてきたし、話す内容なくなってきた」なんて思っていた。
Mちゃんとどちらが沢山怖い話をできるか、内心争っている部分もありなかなか言い出せなかった。


そんなことを考えながら数日が過ぎ、怖い話の内容も適当になってきた頃。


いつものように私の話が終わり、Mちゃんが怖い話を話し始めた。

話の途中で「その時窓がガタガタと…」と言うと、二人の目の前にあった窓ガラスが言葉通りに揺れたのだ。
パニックになった二人は叫びながら、一目散に同じ階の教室に走り出した。

廊下を走ってる途中、誰も居ないはずの多目的室(普段は倉庫状態)の扉もガタガタと激しく鳴った。

とりあえず教室に辿り着いた二人だが、様子がおかしかったのだろう。
友達たちが心配して集まってきた。

友達の顔を見た二人は安心して、今あったことを説明した。

落ち着いて考えてみれば、タイミングよく風が吹いたのでは?と思ったのだが、
多目的室の揺れはどうしてもわからなかった。

近くを走ったから揺れたのではと思い、後日扉の近くで走ったりしたがあんなに激しい揺れなど起こらない。
むしろびくとも動かなかった。

怖い話を遊び半分で話し、さらに適当に話すなどひどい遊びをしていた。
怖い話には集まってしまうと聞くが、もしかしたら怒っていたかもしれない。

未だに私はその恐怖が拭えないため、怖い話を皆でしたり
心霊スポットに行ったりはしないと決めている。

名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント