怖い話一覧 > 記事閲覧

小6の時の体験談

エビスヶ丘エビス太郎@特選怖い話:2017/02/26 20:57 ID:HPSoKYq.

これは、僕が小6の時の実際の体験談である。
ある日の休み時間(2時間目休み)に、いつものように友達と体育館に行って遊ぼうとしていた。僕のいた小学校は特殊で、体育館の入り口が1階と2階の渡り廊下の二通りあって、小6にもなれば、もちろん教室があるのも2~3階だった。なので2階から行くのが普通だった。その日もいつも通り体育館に向かった。しかし、体育館の2階に着いた時どこからか強い視線を感じた。今でも覚えている。「なんか、嫌だなぁ〜」と思いながらもその日は大丈夫だった。問題は次の日の体育の授業中だった。また、同じ視線を感じた。僕は怖くなり、先生に言ったけどやっぱり信じて貰えず、授業が全然面白くなかった。でも覚えているのは、いつもはしゃいでキャッキャ騒いでる女子たちが僕の顔を見て、「○○○君大丈夫?顔凄い青いよ?」と言われて、さすがにヤバイと思い、保健室に行ったけどやっぱり信じて貰えず。その日を境に体育館に行かなくなった。それから半年後、友達に「○○○、体育館行かないか?」と言われて、もう忘れかけている時に体育館に行きました。すると、事件は、おきました。まず、ボールを取ろうと倉庫に行った時に、鉄筋に付けてあるボルト(?)が目玉に見えて、「うーわキッショ。」とか思いつつ、ボールを取った。すると何かブツブツと言っている声が聞こえて「何だ?」と思ってボールをよく見ると顔があり、ずっと、ブツブツと言っているので、僕はゾッとした。そして、そのことを友達に言おうと体育館のフロアに行くと、僕は固まった。体育館のかなり高い所で、男の子が首を吊って死んでいるのだ。周りの人の様子を見るとやはり誰もその男の子に気付いてないのである。
僕は怖くなり、なんとかその日は早退した。Part2に続く。

名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント